香椎由宇のプロフィール&画像(水着画像)/ 香椎由宇のエンタメ情報/ 香椎由宇のCM出演歴/ 香椎由宇のドラマ出演歴/ 香椎由宇の映画出演歴

香椎由宇出演 ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のあらすじ−第10話 のページを説明

香椎由宇出演 ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のあらすじ−第10話

香椎由宇出演 ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のあらすじ−第10話です。

中川雅也(速水もこみち)の母、栄子(倍賞美津子)は、二度のガン手術を克服していたが、ガンはすでに胃に転移していた。呆然としてアパートに帰った雅也を、栄子はいつものように迎えるが、自分の死んだ後のことを話しだす。

栄子は、医師が書いた紹介状から、自分のガンが進行していることを知っていたのだ。雅也は、手術すれば今回も治ると励ますが・・・

アパートにはいつものように、山田耕平(柄本佑)、手塚修一郎(石黒賢)たちが栄子の料理を食べに来ていた。皆、口々に栄子の早期退院を願うがその中に、佐々木まなみ(香椎由宇)の姿はない。雅也は、まなみが実家に帰ってしまい、二人は事実上別れたということを栄子に話していなかった。

それから、入院までの日々、栄子はまるで何かを予期するかのように、部屋を片付け、身の回りを整理し始める。再入院の日、栄子は雅也に新しく買った目覚まし時計を渡し、これからは自分でちゃんとスケジュール管理をするよう言いつける。

そして、自分に何かあった時には、引き出しの中の箱を開けるようにと頼んで家を出た。そうして、栄子は雅也に連れられて、東京タワーの麓の病院に入院した・・・


香椎由宇のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ


(公式サイトのあらすじを引用し、加筆しています。)
http://www.fujitv.co.jp/tokyo-tower/story/index.html

| 香椎由宇出演 ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

香椎由宇出演 ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のあらすじ−第10話は参考になりましたか?

香椎由宇に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
香椎由宇〜エンタメ スクープ.netのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]香椎由宇出演 ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のあらすじ−第9話
>>[次]香椎由宇出演 ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のあらすじ−最終話

香椎由宇(かしいゆう)と独り言のTOPへ
"香椎由宇出演 ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のあらすじ−第10話"のTOPへジャンプ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。